ファンドマネージャのトレード失敗日誌


スポンサーリンク


毎日、日誌を書いて、自分の思考を深める事が大事と読んだよ。
相場師郎が言っている「トレード日誌」で、反省点を書くことと、一緒だね。
トレーダーは全員「トレード日誌」
もしくは「トレード失敗日記」やってると、
言っています。
元、金融機関のファンドマネージャだもんね。
彼の日誌というか、今後の見通しについての考えを書いているノートを
ちらっと見せていたけど、
手書きで、ノートに何ページもびっしり、真っ黒に書いてたのを
見た。

EH189.JPG

失敗して、学習した事を、書き綴って、忘れないようにという事もあると思うけど、

学習して、そのことで、何を得られるのかも、書いた方が良い。だって。コレは他の人の談

例えば、こんな風に

1.「下がると思って、空売りいれたのに、
上がってしまった。
慌てて、反対玉を入れて
最低限の損に押さえたけど、
もっと、攻めの体制で、買いも追加するべきだった」
↓↓↓↓↓
「20万は利益がでていたハズ」


2.そのことを克服するために、
何をしたら良いのか、考える

↓↓↓↓↓
ワタシの場合は、見本のトレードを見たいなと思った。
↓↓↓↓↓

相場師郎のトレードは、鮮やかで、完璧だけど。


相場師郎のお弟子さんの、
大沢光さんのトレードを見て、
なんて細やかな、風に吹かれて揺れる柳のように、
しなやかなトレードだなーと感激した事を思い出した。

彼女のトレードを見た「相場師郎の株のトレード道場」に
久々にログイン。
相場師郎の教材の良い所は、
繰り返し、ある程度時が過ぎても、再視聴できる「良心的」なところ。

早速見ます。

見てどうだったかは、
次回のブログで紹介するね。

株のチャートを読む技を身につけて、
株職人への道を歩みだせる
相場師郎の7Stepはこちら



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
ポチッと頂けると、
とっても励みになります。

宜しくお願いします。
ʕ•̫͡•ʕ*̫͡*ʕ•͓͡•ʔ-̫͡-ʕ•̫͡•ʔ*̫͡*ʔ-̫͡-ʔ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
にほんブログ村